北欧食器が当たるかも!Xmas料理特集!

今、ドイツが熱い。

梅雨が明けましたね。(沖縄限定ですが。)
夏が始まり、ビールがおいしい季節が始まりますね!
さて、今ドイツが熱いです。

今熱い、というか、今、熱いことに私が気付きました。
一カ月ほど前からハマっている「Marlene & Rebecca」のカップル。


ハマりすぎてドイツ語習いたいくらいなんですが(ダンケ!)
このレベッカという人が、実はキャスト変更により過去にもLラブストーリー展開していたと判明。

左から右にキャスト変更。


レベッカの過去の恋のお相手は、Miriam。クラブ「No Limit」のスタッフでした。

それまではドストレートで、
なぜいい男に出会えないの~?と嘆いてたレベッカ。
ナンパ男を追っ払うためにミリアンにキスをされ、それから「自分ってレズ?」と気付きます。
そしてクリスチャンやオリに相談したりしてます。

そう、
レベッカにキスをされたマリーナの反応と全く一緒。
キスをされて気付くところとか、ゲイ友に相談するところとか、
プールサイドがロマンスシチュエーションだとか(笑)

ただマリーナと違ってシングルで、真実の恋を探し求めていたレベッカは
家族や周りに対しても隠すことなく、両想い後はむしろアグレッシブにアピールしてます。


その後、デザインの勉強の為ドイツを離れるレベッカ。
キャスト変更して帰ってきて、マリーナに出会うという流れ。

クリスチャンとオリが養子をもらおうと奮闘してたり、トリスタンが悪っぽかったり、
「Marelena&Rebecca」でこのソープドラマのファンになった人には、楽しめるストーリーです。

レベッカがまだ気持ちに迷っていたころ、クリスチャンのご近所のおばさまに
「なぜ女性に恋したって気付いたの?」という質問をしてることから、
過去にもLストーリーがあったと推測。
恐るべきドイツソープドラマ。



という事で、もうひとつのドイツのドラマ、「Emma & Jenny」


この二人は「hand aufs herz」というドラマの登場人物。
このドラマ、レベッカの出ている「Verbotene Liebe 」のライバルソープドラマとして
2010年に始まり、2011年の9月には終了してしまった模様。

Emmaはドラマの舞台となっている高校のグリークラブの一員。
転校生のJennyと恋に落ちます。ストーリー以上。
グリークラブが舞台という事で、Gleeを意識してます。
歌もアメリカのポップスがたくさん出てきて、そこはおもしろい。
(しかしドイツ人って英語堪能なのね!びっくり!)

このドラマは、Emmaがあまりにも親しみがわく体系で、むしろ自分を見ているようで嫌だったので
いままで避けていたんですが、ドイツのドラマなので頑張って見ました(笑)


こちらも、キスが大事なストーリーの転機。
EmmaにもRebeccaにもMarelenaにも共通なのが、キスで目覚め、
しかし目覚めた後の悩む期間がとてつもなく長く、そしてMake Loveまでも長い!

気持ちの移り変わりがすごく丁寧に描かれるので、見ていてヤキモキ。
スラムダンクの試合シーンかよっ!的な。


アメリカのドラマとの違いが面白いです。(アメリカのドラマはキスしたら同じepで最後までなイメージ 笑)

お互いに言いたいことをズバズバ言って、全力で喧嘩して全力で仲直りして…
みたいなキャラクターも共通に感じるのですが、これがドイツ人的キャラだと思っていいのかしら。


そして、少し話を広げると、
日本とアメリカの映画しか見ていなかった私に、外国映画の素晴らしさを教えてくれたのが
「バンディッツ」


こちらもドイツの映画でした。
女性4組の獄中バンド「バンディッツ」が脱獄する話なんですが、まじいい映画なのでお勧め。

最後のシーンとか、本当に素敵。


他にも、「Aimee & Jaguar」や「4分間のピアニスト」もドイツ。


私の記憶では最古のL映画、「制服の処女」もドイツです。びっくり。
共通するのは、女性キャラの強さというか気高さですかね。みんなかっこいいイメージ。
知り合いにドイツ人がいないので、画面の中でのイメージですが。

これからレベッカには新しい気になる人が出るといううわさもあり、
今後もドイツドラマから目が離せませんね!

■  [PR]

by girlinterr-v-pted | 2012-06-24 23:04 | MOVIE